Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱(へんき)"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

武田信時

武田 信時(たけだ のぶとき、1220年~1289年)は、鎌倉時代前~中期の武将。甲斐武田氏第7代当主。通称は武田五郎次郎。 

 

【史料】「甲斐信濃源氏綱要」*1 信時の注記より一部抜粋

……後堀川院寛喜元年正月十五(年十)、加冠平泰時、因先例請名、故號名信時……

 

寛喜元(1229)年元服:北条泰<烏帽子親>→ 武田信

(父・信政までの)先例に因(ちな)んで名(の1字=偏諱)を請い、故に名を「信時」と号した。 

historyofjapan-henki.hateblo.jp

元服から8年後にあたる『吾妻鏡』嘉禎3(1237)年6月23日条に「武田五郎次郎信時」として初めて現れるので、【史料】での元服の年月日に問題はないだろう。『吾妻鏡』では1238年・1240年にも「武田五郎次郎」として計3回登場する*2通称名は「武田(小)五郎信政」の「次郎(次男)」を表すものであり、夭折した長兄がいたのかもしれない。

 

出典

*1:系図綜覧. 第一 - 国立国会図書館デジタルコレクション より。高野賢彦『安芸・若狭武田一族』(新人物往来社、2006年)P.48 でも言及あり。

*2:武田信時 - Wikipedia より。