Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱(へんき)"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

二階堂光貞

二階堂 光貞(にかいどう みつさだ、1290年頃?~没年不詳)は、鎌倉時代後期の人物。父は二階堂宗実

 

『作者部類』(『勅撰作者部類』)に「頓阿 法師俗名貞宗二階堂下野守〔ママ〕光貞*1、『続群書類従』所収「工藤二階堂系図」に「光貞 下総守貞宗 遁世、頓阿*2とあり、僧・頓阿(とんあ / とんな、俗名:二階堂貞宗の父として、二階堂光なる人物が確認できる。 

historyofjapan-henki.hateblo.jp

後に掲げるが『尊卑分脈』の二階堂氏系図*3にあるだけでなく、延元2/建武4(1337)年に成立し、正平17/康安2(1362)年に増補された『作者部類』*4に記載が見られることから、実在は認めて良いだろう。次の図は同系図より一部抜粋したものである。

 

f:id:historyjapan_henki961:20200508013736p:plain

二階堂行泰の子・行実の孫に「下総守」等と注記される光貞の記載があり、「工藤二階堂系図」とは父・宗実までの系譜と官途が完全に一致することから、頓阿の父と同人には間違いないと思う。

但し、『分脈』では光貞の子として高実政宗行豊が記載されるのみで、頓阿の俗名とされる貞宗はむしろ光貞の兄となっている。「工藤二階堂系図」では光貞の子は貞宗行秋因幡守、法名行欽)行豊となっているが、末子・行豊の名が共通していることを考えると、何かしらの混乱が生じたのではないかと推測される。

 

ここで、二階堂氏行泰流について、親子の年齢差を20歳と仮定して各人物の生年を推定すると次の図のようになる。

f:id:historyjapan_henki961:20200508021543p:plain

図の中で、二階堂時元については生年が1288年と判明しているが、行頼―行元、行元―時元間の年齢差は20~40となっていて妥当と言えよう(恐らく行元は1260年頃の生まれで各年齢差を約30ずつとするのがより正確かもしれない)。実際の史料に現れる高元高憲についても建武元(1334)年当時左衛門尉であったことが分かっており、図のように推定して十分的を射ていると思われる。

 

行実流でも同様の手法を試みると、光貞の生年は1276年前後、もしくはそれ以後と推定可能である。しかしその場合、貞宗(頓阿)については上記記事で1289年生まれ、もしくはそのほぼ同世代であることを紹介しているが、光貞14歳の時の子となってしまい、全くあり得ないこともないが、やはり現実的な想定ではないように思う。

 

ここで「」の名乗りに着目すると、「光」は祖先・二階堂行光(行盛の父)に由来するものであろうから、「」が烏帽子親からの一字拝領と考えられるが、これは元服当時の得宗・9代執権である北条(在職:1284~1301年)*5偏諱であろう。尚、「貞」が下(2文字目)になっているのは、嫡男の兄・貞宗に対する庶子(或いは準嫡子)であったためと考えられ、光貞の生年は1290年以後と考えて良いだろう。

仮に1290年生まれとすると、貞時が執権を辞して出家した正安3(1301)年*6当時12歳と元服の適齢を迎え、嫡男・実も次の得宗・北条(貞時の子)の一字拝領とみられるから、時と光は慣例に従って烏帽子親子関係にあったと判断される。 

その関係性が窺える史料として、『北條貞時十三年忌供養記』(『相模円覚寺文書』)には、元亨3(1323)年10月27日の貞時13年忌供養において「二階堂 下総前司」が「銀剱一 馬一疋置鞍、栗毛、」を献上しているが、これも光貞に比定されている*7

 

(参考ページ)

石谷氏/石ヶ谷氏 - 伊達幕府女神隊 - アットウィキ

 

脚注