Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱(へんき)"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

武田信政

武田 信政(たけだ のぶまさ、1196年~1265年)は、鎌倉時代前期から中期にかけての武将、御家人甲斐武田氏第6代当主。

 

信政の元服について、『諸家系図纂』での注記には次のように書かれている*1。 

……元久元年十一十五首服、加冠平時政、理髪三浦介、号小五郎、年十、信光三男也、請加冠諱字、既為嘉例也……

加冠役(=烏帽子親)を務めた「平時政」は、元久元(1204)年当時、初代の執権の座にあった北条時政で間違いないだろう*2。その名前からして、時が武田信に「政」の偏諱を下賜したことが窺える。

 

吾妻鏡』では次の3箇所に登場するとされる*3

 建久6(1195)年8月16日条「武田小五郎」

 承久元(1219)年7月19日条「武田小五郎」

 同3(1221)年6月5日条「武田五郎 同小五郎」

 

については、承久元年正月27日条、同3年6月24日条などに「武田五郎信光」とあることから、この時期の「武田五郎」=信光と分かる*4で明らかな通り、五郎信光と区別されて「小五郎」と呼ばれる人物は信政に比定される(『尊卑分脈』)。 

父の信光は1162年生まれと伝わる*5。一方で信政の母は、新田義重(1135~1202)*6の養女となった、源義平(1141~1160)*7の娘であったと伝わる*8。同様に親子の年齢差を考慮すれば、義平が刑死した時、その女子は生まれたばかりの幼児であっただろうから、これを義重が引き取って養育したと考えられよう。すなわち、夫となる信光とはほぼ同世代人だったことになる。 

従って、現実的な親子の年齢差を考えれば、1182年頃以降の生まれであることは間違いない。但し『尊卑分脈』以下の系図類で見られるだけでも、信政には太郎朝信*9悪三郎信忠(のち高信)といった兄がおり「五郎」という輩行名の通り5男であった可能性が高いので、もう少し下らせて早くとも1180年代後半、或いはこれ以後の生まれと判断できる。

 

するとの段階では若くとも10歳前後の年齢となるので、この時までに信政が元服していたとは考えにくく、の「武田小五郎」が信政ではないことは確かであろう。よって、冒頭に掲げた生年 および 元服の時期は信用して良いと判断される。その場合、の段階で信政は生まれてすらいなかったことになるが、『尊卑分脈』以下の系図類で「武田小五郎」と書かれるのは信政のみである。恐らく①は「武田五郎」の誤記なのではないか。①の部分は父・信光のことではないかと思われる。

 

脚注

*1:『大日本史料』5-27 P.257『史料稿本』亀山天皇紀・文永2年正月~2月 P.16。また、高野賢彦『安芸・若狭武田一族』(新人物往来社、2006年)P.28 でも言及されている通り、「甲斐信濃源氏綱要」でも同内容の記載がある(→ 系図綜覧. 第1 - 国立国会図書館デジタルコレクション 参照)。

*2:北条氏は桓武平氏平維時の末裔を称する家柄である(『尊卑分脈』)。

*3:御家人制研究会(代表:安田元久)編『吾妻鏡人名索引』(第5刷、吉川弘文館、1992年)P.260「信政 武田」の項より。

*4:吾妻鏡人名索引』P.258「信光 伊沢(武田)」の項 より。

*5:武田信光(たけだ のぶみつ)とは - コトバンク より。『諸家系図纂』や「甲斐信濃源氏綱要」での没年齢(1248年87歳没)からの逆算によるものであろう。

*6:新田義重(にったよししげ)とは - コトバンク より。

*7:源義平(みなもとのよしひら)とは - コトバンク より。

*8:『大日本史料』5-27 P.257

*9:信光の長男・朝信の「朝」字については、注1前掲高野氏著書 P.28において、源頼朝からの偏諱と推定されている。