Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

宇多源氏佐々木氏

六角時信

佐々木 時信(ささき ときのぶ、1306年~1346年)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将、御家人。のちの六角氏となる家系に生まれ、六角時信(ろっかく ー)とも呼ばれる。父は佐々木頼綱(六角頼綱)。 『尊卑分脈』*1での注記は次の通りである。 …

六角氏頼

六角 氏頼(ろっかく うじより、1326年~1370年)は、南北朝時代の武将・守護大名。父は六角時信(佐々木時信)。佐々木氏頼(ささき ー)とも。 historyofjapan-henki.hateblo.jp 氏頼の名乗り・元服については次の史料が確認できる。 【史料】『瑞石歴代雑…

佐々木泰綱

佐々木 泰綱(ささき やすつな、1213年~1276年)は、鎌倉時代中期の武将、御家人。 のちに六角氏となる近江宇多源氏佐々木氏嫡流の当主で、京都六角堂に邸宅を構えたことにちなんで六角泰綱(ろっかく ー)とも呼ばれる*1。 『尊卑分脈』では母を川崎五郎為…

京極高氏

佐々木 高氏(ささき たかうじ、1296年~1373年)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将、御家人、守護大名。 京極流佐々木宗氏の子。母は佐々木宗綱の娘(貞宗の姉)。 父・宗氏を介して母方の叔父・貞宗の京極流惣領の座を継ぎ、京極高氏(きょうご…

塩冶高貞

佐々木 高貞(ささき たかさだ、生年不詳(1300年代後半?)~1341年)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武士、御家人。塩冶高貞(えんや ー、旧字体:鹽冶髙貞)とも。 historyofjapan-henki.hateblo.jp こちらの記事▲で父・佐々木貞清が1280年代後半…

六角頼綱

佐々木 頼綱(ささき よりつな、1242年~1311年)は、鎌倉時代中期から後期にかけての武将、御家人。 のちに六角氏となる近江宇多源氏佐々木氏嫡流の当主で、父・泰綱が京都六角堂に邸宅を構えたことにちなんで*1六角頼綱(ろっかく ー)とも呼ばれる*2。 his…

六角宗信

佐々木 宗信(ささき むねのぶ、1267年~1292年(一説に1310年とも))は、鎌倉時代中期から後期にかけての武将、御家人。のちの六角氏となる家系に生まれ、六角宗信(ろっかく ー)とも呼ばれる。父は佐々木頼綱(六角頼綱)。 「徳源院本 佐々木系図」*1の…

京極宗氏

佐々木 宗氏(ささき むねうじ、1269年~1329年)は、鎌倉時代中期から末期にかけての武将、御家人。京極宗氏(きょうごく ー)とも。 上の図に掲げた『尊卑分脈』の佐々木氏系図には、宗氏に関する注記も見られる。 それによれば、嘉暦4(1329)年7月16日に61…

塩冶貞清

佐々木 貞清(ささき さだきよ、生年不詳(1280年代後半?)~1326年)は、鎌倉時代後期の武士、御家人。塩冶貞清(えんや ー、旧字体:鹽冶貞淸)とも。 historyofjapan-henki.hateblo.jp こちら▲の記事では、伯父の佐々木時清が仁治3(1242)年生まれ*1で、頼…

高岡宗泰

高岡 宗泰(たかおか むねやす、1255年~1326年)は、鎌倉時代後期の武士、御家人。佐々木宗泰(ささき ー)とも。 通称は八郎左衛門尉。『尊卑分脈』でも佐々木泰清の8男として載せられている*1。 historyofjapan-henki.hateblo.jp 伝えられるところによる…

塩冶頼泰

佐々木 頼泰(ささき よりやす、1243年頃?~没年不詳(1303年以前))は、鎌倉時代中期から後期にかけての武士、御家人。塩冶頼泰(えんや ー、旧字体:鹽冶賴泰)とも。 『吾妻鏡』正元2(1260=文応元)年正月1日条には「信濃次郎左衛門尉」(=佐々木時清)…

佐々木泰清

佐々木 泰清(ささき やすきよ、1210年頃?~1287年?(実は1282年?))は、鎌倉時代中期の武士、御家人。隠岐泰清(おき ー)とも。 生年と烏帽子親の推定 『吾妻鏡』での初見 と 父兄との関係 義重・時清との関係 史料における泰清 脚注 生年と烏帽子親の推…

佐々木宗清

佐々木 宗清(ささき むねきよ、生年不詳(1270年代前半か)~没年不詳(1323年以前か))は、鎌倉時代後期の武将、御家人。隠岐宗清(おき ー)とも。 烏帽子親と生年の推定 史料における宗清 参考ページ 脚注 烏帽子親と生年の推定 『尊卑分脈』を見ると、…

佐々木清高

佐々木 清高(ささき きよたか、1295年~1333年)は、鎌倉時代後期から末期にかけての武将、御家人。隠岐清高(おき ー)とも*1 。 父は佐々木宗清、母は佐々木宗綱(京極宗綱)の娘*2。妻は太田時連の娘(『続群書類従』所収系図・『諸家系図纂』所収「佐々…

佐々木時清

佐々木 時清(ささき とききよ、1242年~1305年)は、鎌倉時代中期から後期にかけての武士。隠岐時清(おき ー)とも。 新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その102-隠岐時清 | 日本中世史を楽しむ♪(細川重男氏のブログ記事)による経歴は次の通りである。 >…

京極時綱

佐々木 時綱(ささき ときつな、生年不詳(1270年代前半?)~没年不詳(1290年頃?))は、鎌倉時代中期から後期にかけての武将、御家人。 京極流佐々木氏の嫡子で、京極時綱(きょうごく ー)とも呼ばれる。 『尊卑分脈』には「右〔または左〕門尉」、「先父…

京極貞宗

佐々木 貞宗(ささき さだむね、1287年~1305年)は、鎌倉時代中期から後期にかけての武将、御家人。 京極流佐々木氏の第3代当主で、京極貞宗(きょうごく ー)とも呼ばれる。 historyofjapan-henki.hateblo.jp 『尊卑分脈』によれば、佐々木宗綱の3男。長兄…

京極頼氏

佐々木 頼氏(ささき よりうじ、1242年~1297年2月1日)。鎌倉時代の武将、鎌倉幕府の御家人。通称は対馬太郎、佐々木対馬太郎左衛門尉。左衛門尉。豊後守。 のちの京極氏となる家系に生まれ、京極頼氏とも呼ばれる。 佐々木氏信の長男。弟に範綱・満信・宗…