Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱(へんき)"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

清和源氏義光流

武田貞信

武田 貞信(たけだ さだのぶ、生年不詳(1270年代?)~1347年カ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。武田政綱を祖とする石和流武田氏の第3代当主。父は武田信家(宗信)。妻は安藤左衛門入道の娘か。子に武田政義・武田貞政。通称は三郎。官途は…

武田信宗

武田 信宗(たけだ のぶむね、1269年~1330年)は、鎌倉時代の武将、御家人。甲斐源氏武田氏第6代当主。父は武田時綱、母は名越朝時の娘と伝わる。通称は孫六。 北条時宗の烏帽子子 流浪時代の信宗(伝承) 没年について 脚注 (*画像は 武田家伝来の遺品 …

武田宗信

武田 宗信(たけだ むねのぶ、生年不詳(1250年代?)~1326年カ)は、鎌倉時代中期から後期にかけての武将、御家人。父は武田政綱。子に武田貞信。『尊卑分脈』によれば、通称および官途は 石禾三郎、伊豆守。別名(初名か)は武田信家(のぶいえ)。 historyo…

武田宗光

武田 宗光(たけだ むねみつ、生年不詳(1250年代半ば頃?)~没年不詳(1290年代?))は、鎌倉時代中期から後期にかけての武将、御家人。父は武田時隆。子に武田信貞、武田時信。通称は二郎五郎。 <武田氏略系図>(『尊卑分脈』より) 信光―信政―信時―時綱…

武田信貞

武田 信貞(たけだ のぶさだ、生年不詳(1280年代?)~没年不詳(1336年以後))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。父は武田宗光。弟に武田時信(七郎五郎)。仮名は弥五郎、官途は伊豆守・大膳権大夫(または大膳大夫)。 建武政権武者所での…

武田時隆

武田 時隆(たけだ ときたか、生年不詳(1230年代?)~没年不詳(1263年以後))は、鎌倉時代中期の武将、御家人。父は武田信隆(のぶたか)。子に武田宗光。通称は七郎二郎(七郎次郎)。 岩崎流武田氏について 父・武田信隆 政隆流武田氏について 史料におけ…

【論稿】鎌倉時代後期における「武田伊豆守」について

はじめに 武田氏嫡流当主の伊豆守任官 鎌倉時代後期の史料における「武田伊豆守」 該当史料の紹介 各「武田伊豆守」の世代推定 武田信武の「伊豆守」任官と安芸守護在任 まとめ 脚注 はじめに 後述するが、鎌倉時代後期には「武田伊豆守」なる人物が散見され…

武田氏信

武田 氏信(たけだ うじのぶ、1312年~1380年)は、鎌倉時代末期から南北朝時代・室町時代前期にかけての武将、守護大名。武田信武の長男。仮名は彦太郎。官途は兵庫助、伊豆守。法名は光誠(こうせい)。 生誕と元服 兵庫助在任時代 伊豆守への昇進と出家後 …

平賀貞義

平賀 貞義(ひらが さだよし、1294年頃?~没年不詳)は、鎌倉時代後期の武将、御家人。平賀朝村の次男。 historyofjapan-henki.hateblo.jp こちら▲の記事で紹介の通り、『尊卑分脈』*1(以下『分脈』と略記)によると、新羅三郎義光流で源氏門葉として源頼朝…

平賀貞経

平賀 貞経(ひらが さだつね、1293年頃?~没年不詳)は、鎌倉時代後期の武将、御家人。平賀朝村の嫡男。 『尊卑分脈』*1(以下『分脈』と略記)によると、新羅三郎義光流で源氏門葉として源頼朝に重用された平賀義信の次男・平賀朝政の曾孫である。その注記に…

小笠原貞宗

小笠原 貞宗(おがさわら さだむね、1292年頃~1347年)は、鎌倉時代後期から室町時代前期の武将。信濃小笠原氏の当主。信濃守護。仮名は彦五郎。官途は信濃守。 ▲『集古十種』に掲載の小笠原貞宗卿 木像(鎌倉禅巨庵蔵) 幼名は豊松丸。今野慶信氏がご紹介…

小笠原宗長

小笠原 宗長(おがさわら むねなが、1272年~1333年カ)は、鎌倉時代後期から室町時代前期の武将。信濃小笠原氏の当主。父は小笠原長氏、母は伴野長房(長泰の誤りか)の娘と伝わる。 北条時宗の烏帽子子 当主としての活動 脚注 北条時宗の烏帽子子 今野慶信…

佐竹貞義

佐竹 貞義(さたけ さだよし、1287年~1352年)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。佐竹氏第8代当主。 ▲『古押譜』より、佐竹貞義の花押*1 『正宗寺記』など複数の史料・系図類によれば、文和元(1352)年9月10日に66歳で亡くなったといい*2、逆算…

武田時綱

武田 時綱(たけだ ときつな、1245年~1307年)は、鎌倉時代中~後期の武将。甲斐武田氏第5代当主。通称は六郎。『甲斐信濃源氏綱要』によれば父は武田信時、母は右馬権頭頼茂(=源頼茂か)の娘。子に武田信宗。 【史料】「甲斐信濃源氏綱要」*1 時綱の注記…

武田信時

武田 信時(たけだ のぶとき、1220年~1289年)は、鎌倉時代前~中期の武将。甲斐武田氏第4代当主。父は武田信政。子に武田時綱。通称は武田五郎次郎。 【史料】「甲斐信濃源氏綱要」*1 信時の注記より一部抜粋 ……後堀川院寛喜元年正月十五(年十)、加冠平…

武田信政

武田 信政(たけだ のぶまさ、1196年~1265年)は、鎌倉時代前期から中期にかけての武将、御家人。 甲斐武田氏第3代当主。 信政の元服について、『諸家系図纂』での注記には次のように書かれている*1。 ……元久元年十一十五首服、加冠平時政、理髪三浦介、号…