Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

佐々木泰綱

佐々木 泰綱(ささき やすつな、1213年~1276年)は、鎌倉時代中期の武将、御家人

のちに六角氏となる近江宇多源氏佐々木氏嫡流の当主で、京都六角堂に邸宅を構えたことにちなんで六角泰(ろっかく ー)とも呼ばれる*1

 

尊卑分脈』では母を川崎五郎為重の娘とする*2が、これは転記の際に誤って兄・綱の母が書かれたもので、「」の字も(外祖父である)川崎為からの偏諱ではないかとする見解がある*3。為重(中山五郎為重)は岳父である比企能員の変で討ち死にしたといい*4、その本領であった武蔵国川崎荘を継承した信綱は北条義時の娘と再婚。その間に生まれた3男泰綱・4男氏信を厚遇し、嫡子の地位はやがて重綱から泰綱に移ったとされる*5

 

その地位の源泉として、北条氏得宗家との烏帽子親子関係が関係しているのではないかと思う。 

historyofjapan-henki.hateblo.jp

こちら▲の記事で紹介した通り、佐々木泰綱に連れられた嫡男は、当時の執権・北条時の邸宅で9歳にして元服し「綱」を名乗ったが、明らかに一字拝領が行われた形跡がある。

これを踏まえて父・綱の名に着目すると、同様に「」字は3代執権・北条時が烏帽子親であったことを想起させる。

紺戸淳は『尊卑分脈』に建治2(1276)年に64才(数え年)で亡くなった旨の記載があり*6、逆算すると建保元(1213)年生まれとなるので、元服の年次はおおよそ1222~1227年と推定可能で、元仁元(1224)年6月から執権に就いた*7からの偏諱であるとしている*8

 

(参考ページ)

 佐々木泰綱 - Wikipedia

 佐々木泰綱(ささき やすつな)とは - コトバンク

 壱岐大夫判官泰綱: 佐々木哲学校佐々木哲のブログ記事)

 

脚注

*1:六角氏(ろっかくうじ)とは - コトバンク、および 六角泰綱(ろっかく やすつな)とは - コトバンク を参照のこと。

*2:『編年史料』後宇多天皇紀・建治2年3~5月 P.42

*3:澁谷氏 ~秩父党~ #渋谷重国 より。為重の父は重国の兄・中山重実。

*4:『吾妻鏡』建仁3(1203)年9月2日条

*5:近江守信綱: 佐々木哲学校(佐々木哲のブログ)より。

*6:注2同箇所。

*7:新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その3-北条泰時 | 日本中世史を楽しむ♪(細川重男のブログ)より。

*8:紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について―鎌倉幕府御家人の場合―」(所収:『中央史学』第2号、中央史学会、1979年)P.15系図・P.17。

北条宗方

北条 宗方(ほうじょう むねかた、1278年~1305年)は、鎌倉時代後期の武将、御家人。北条氏得宗家の一門・北条宗頼の次男。

 

新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その16-北条宗方 | 日本中世史を楽しむ♪(細川重男のブログ、以下職員表と略す)*1によって経歴を示すと次の通りである。

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

№16 北条宗方(元・久時)(父:北条宗頼、母:大友頼泰女、北条時宗猶子)
01:弘安1(1278).   生(1)
02:正応5(1292).12.18 左兵衛尉(15)
03:永仁2(1294).02.05 叙爵(17)
04:永仁2(1294).02.06 右近将監
05:永仁5(1297).06.23 六波羅北方(20)
06:正安1(1299).03.01 従五位上(22)
07:正安2(1300).11.25 東下(23)
08:正安2(1300).12.28 評定衆
09:正安3(1301).01.10 四番引付頭人(24)
10:正安3(1301).04.12 転左近将監
11:正安3(1301).08.20 駿河
12:正安3(1301).08.25 辞四番引付頭人。越訴頭人
13:乾元1(1302).09.11 四番引付頭人(25)
14:嘉元2(1304).12.07 辞四番引付頭人。侍所所司・得宗家執事(27)
15:嘉元3(1305).05.04 没(為嘉元の乱)(28)
 [典拠]
父:分脈
母:鎌記・永仁5年条。『大友系図』(続類従・系図部)
本名:開闢
猶子:帝王・巻27。六次第には「□時猶子」とあり、これは「貞時」と推定されるが、宗方は貞時の7歳下であり、年齢的にも時宗が正しいであろう。前田治幸氏「弘安七・八年の「相模四郎」について」(日本史史料研究会研究会報『ぶい&ぶい』3、2008年)。

01:没年齢より逆算。
02:鎌記・永仁5年条
03:鎌記・永仁5年条。六次第。
04:鎌記・永仁5年条。六次第、5日とす。
05:鎌記・永仁5年条帝王・巻27(7月2日入洛とす)武記・永仁5年条、大日記・永仁5年条、開闢、6月23日鎌倉出立、7月6日入洛とす分脈、7月6日上洛とす
06:鎌記・永仁5年条
07:鎌記・永仁5年条分脈、14日とす武記・永仁5年条、4日とす開闢、帝王・巻27、15日とす
08:鎌記・永仁5年条
09:鎌記・永仁5年条
10:鎌記・永仁5年条。六次第、永仁3年と誤記。
11:鎌記・永仁5年条。六次第、永仁3年と誤記。
12:鎌記・永仁5年条正安3年条。六次第、永仁3年9月一番引付頭人と誤記。職員表・正安3年条の佐藤氏の考証に拠る。
13:鎌記・乾元元年条
14:鎌記・永仁5年条嘉元2年条得宗家執事は間記に「内ノ執権」とあるに拠る。
15:間記鎌記・永仁5年条武記・永仁5年条開闢。六次第。鎌記裏書・嘉元3年条武記裏書・嘉元3年条分脈、嘉元元年3月4日と誤記帝王・巻27、4月4日と誤記


※細川重男氏「嘉元の乱と北条貞時政権」(『立正史学』69、1991年。後、同氏『鎌倉政権得宗専制論』<吉川弘文館、2000年>に収録)。高橋慎一朗氏「北条時村と嘉元の乱」(『日本歴史』553、1994年)。菊池紳一氏「嘉元の乱に関する新史料-嘉元三年雑記の紹介-」(北条氏研究会編『北条時宗の時代』、八木書店、2008年)。

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

嘉元の乱を中心に、北条宗方については数多くの論文が発表されており、改めて本項で述べる必要はないかと思う。活動内容・生涯については、

 北条宗方 - Wikipedia

 北条宗方(ほうじょう むねかた)とは - コトバンク

等をご参照いただければ幸いである。

以下本項では「宗方」という名乗りに着目し、幾つか思うところを述べたい。

 

」の字については、結果的には父・宗頼の1字を引き継いだようにも見えるが、『関東開闢皇代幷年代記』の記載通り、初名が「久時」(前述職員表:本名)だったのだとすればそうでなかったことになる。一方「」の字は、祖先と仰ぐ北条時方平時方に由来するものとみられるから、やはり1文字目に戴く「」の字が烏帽子親からの偏諱の可能性が高いだろう。

ここで、細川氏が職員表で "猶父=北条時宗" とされたことに着目したい。実際、『帝王編年記』の宗方項に「最明寺入道孫 修理亮宗頼二男 相模守時宗為子時宗 子と為(な)す)…」とあり、この説を裏付けている。「宗」の字を烏帽子親から賜ったのだとすれば、それもやはり得宗家(本家)当主の伯父・時以外に考えられないと思う。そして、時宗の猶子となりその偏諱を受けるためには、時宗が亡くなった弘安7(1284)年4月*2までに元服を済ませたと考えるのが妥当であろう。

弘安7年初頭に元服を遂げたと仮定した場合、生年に基づくと当時7歳となる。時宗*3以降の歴代得宗嫡子時宗・貞時・高時・邦時)だけでなく、時宗の弟・宗政もこの年齢での元服であったという*4。すると、得宗家一門たる宗方も、その後の昇進が時宗得宗本家)や宗政流北条師時貞規にさほど劣らないほど早かったことからすれば、この例外ではなかった可能性は十分に考えられよう。

猶子とはいえ、生まれた翌年に実父・宗頼が亡くなった*5ので、伯父である時宗が幼き甥を引き取った要素が大きかったと思われる。結局時宗の男子は貞時のみであり、実の父を亡くした甥たち(師時・時業(のち兼時)・宗方)を準嫡子になり得る存在として育成する目的があったのではないか。そして、方がちょうど自身と同じ7歳を迎えた時に時自らが烏帽子親を務めて「」の偏諱を与えたのであった。

 

ところで、前に述べた、初名が「久時」であったことについて、筆者はこれを否定する。7歳までに「幼名(具体的には不明だが「○寿(丸)」型か?)→久時→宗方」と目まぐるしく改名するのはあまりにも慌ただし過ぎるのではないか、という率直な考えもあるが、『関東開闢皇代幷年代記』に掲載されるのみで史料的根拠に弱いという理由もある。

それと比較すると、『開闢』では兄・兼時にも「本名業時」との記載があり*6、文字の順序は逆になるが『六次第』でも「本名時業」と書かれている。更に、鎌倉時代の成立で信憑性が高いとされる『入来院本 平氏系図』でも普音寺業時の娘(時兼の妹)の注記に「兼時室 本名時業」とある*7ほか、「相模七郎時業」と書かれた実際の書状も残されており*8、兼時が当初「時業(ときなり)」と名乗っていたことは認めて良いだろう。

もし宗方が「久時」を名乗っていたのであれば、同じく『六次第』・『入来院本 平氏系図』に記載があっても良いと思うのだが、そうでない以上信憑性は認め難いと思う。再び『帝王編年記』の宗方項を見ると「永仁五年六月廿三日上洛 七月二日入洛 久時替 二十」とあり、赤橋流北条久時*9に替わり(新たな六波羅探題北方として)20歳で入洛した旨の記述だが、この久時と混同した可能性もあり得よう。よって「宗方」が元服時に名乗った実名であると考えたい。

『前田本 平氏系図』によると、従弟(叔父・桜田時厳の子)にあたる北条篤貞の注記に「号平太 宗方為子(前述と同様)」とあり、宗方の養子になったことが分かる*10。宗方と運命を共にしたのか、詳細は分かっていないが、方―篤の2代に亘って得宗本家(時時)の偏諱が認められた様子が窺える。

 

[付記]:職員表および本文中の「六次第(『六波羅守護次第』)」については、熊谷隆之氏の論文にある翻刻*11を参照のこと。 

 

脚注

*1:細川重男『鎌倉政権得宗専制論』(吉川弘文館、2000年)巻末「鎌倉政権上級職員表(基礎表)」No.16「北条宗方」の項 と同内容。

*2:新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その7-北条時宗 | 日本中世史を楽しむ♪ より。

*3:北条時宗 - Henkipedia 参照。

*4:高橋慎一朗『北条時頼』〈人物叢書〉(吉川弘文館、2013年)P.160。典拠は 森幸夫「得宗家嫡の仮名をめぐる小考察」。森・高橋両氏は北条宗政(幼名:福寿)の元服を正元元(1259)年と推定されている。

*5:『編年史料』後宇多天皇紀・弘安2年6~8月、P.5

*6:国史大系. 第5巻 吾妻鏡 - 国立国会図書館デジタルコレクション 参照。

*7:山口隼正「入来院家所蔵平氏系図について(下)」(『長崎大学教育学部社会科学論叢』61号、2002年)P.10、16。

*8:弘安4(1281)年閏7月11日付「関東御教書」(『東寺文書五常』)。『鎌倉遺文』第19巻14388号 所収。

*9:新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その29-赤橋久時 | 日本中世史を楽しむ♪ より。

*10:注1前掲細川氏著書 P.51 注(33) および P.367。

*11:熊谷隆之「<研究ノート>六波羅探題任免小考 : 『六波羅守護次第』の紹介とあわせて」(所収:京都大学文学部内・史学研究会編『史林』第86巻第6号)P.103(867) 。

後藤基宗

後藤 基宗(ごとう もとむね、1262年頃?~没年不詳)は、鎌倉時代後期の武将、御家人。 

父は後藤基頼、母は宇都宮頼業(横田頼業)の娘と伝わる。子に後藤基雄がいる。*1

 

historyofjapan-henki.hateblo.jp

父・基頼は暦仁元(1238)年の生まれとされる*2ので、現実的な親子の年齢差を考えれば、基宗の生年は1258年頃より後と考えるべきであろう。

同じように歴代の親子の年齢差を参考にして弘長2(1262)年~文永9(1272)年の生まれとする中川博夫の推定*3に従うと、元服当時の将軍は7代・源惟康(のちの惟康親王,在職:1266~1289年)、執権は8代・北条時宗(在職:1268~1284年)に間違いなく、「」の名は、6代将軍・宗尊親王ではなくから偏諱を受けたものと考えられる。文永9年の生まれとしても、時宗が亡くなる弘安7(1284)年には元服の適齢を迎えるので、時宗執権期間内の元服であること確実である。

 

尚、得宗からの一字拝領は父・基頼に続くものだが、上記記事にて、曽祖父にあたる基綱(もとつな)が寛元4(1246)年の宮騒動(名越光時の陰謀計画)に関与して失脚し(のち1252年には引付衆として復帰、1256年に死去)、その子・基政(もとまさ)の復帰を許す際の条件として、当時の得宗(5代執権)・北条時がその嫡男(基)の烏帽子親を務めることで協調姿勢の確認をとったことを推測した。

そして、基政の代からは六波羅評定衆を務めるようになり、やがて活動の拠点が六波羅(京都)に移っていくことになるが、基頼の嫡子であるの生誕または元服と近い時期に「二月騒動*」が起きていることから、基に関しても、時自らが加冠を務めることで、得宗への協調姿勢の確認を行った可能性が考えられよう。 

*二月騒動…文永9(1272)年2月、六波羅探題南方であった庶兄の北条時輔に謀反の意志ありとして、執権・北条時宗が同探題北方・赤橋義宗に命じてこれを討たせた事件。この頃基頼は在京で、時輔方につけば討伐の対象になり得ただろう。幸いそうはならなかったようだが、過去のこともあってか、後藤氏も得宗にとっては警戒すべき相手だったのかもしれない。基政・基頼などは引付衆を務めた後に上洛して六波羅評定衆となっているので、若年であった基頼の嫡子・基宗も当初は鎌倉に居たと考えて良いだろう。

恐らく父・基頼が文永7(1270)年8月に上洛する*4際に、基宗ら家族も同行したのではないかと思われ、この時までに元服を済ませたのではないか。同年の元服とすれば、1260年代初頭の生まれとなり、これが妥当ではないかと思う。ここでは中川氏の掲げた弘長2年の生まれと推定しておく。

 

以上推論となってしまったが、基宗については史料が残されておらず、『尊卑分脈』に「同六波羅引付頭(人)) 左衛門尉 従五下 佐渡守」*5とあるのが確認できるのみである。 

 

脚注 

後藤基頼

後藤 基頼(ごとう もとより、1238年~1301年)は、鎌倉時代中期の武将、御家人。 

父は後藤基政(もとまさ)、母は葛西清親の娘と伝わる。子に後藤基宗(もとむね)がいる。

 

 

はじめに:基頼の経歴について 

細川重男がまとめた「鎌倉政権上級職員表」*1による経歴は次の通りである。

 

>>>>>>>>>>>>>>>


№110 後藤基頼(父:後藤基政、母:葛西清親女)
01:暦仁1(1238).   生(1)
02:年月日未詳      左衛門尉
03:文永6(1269).04.27 引付衆(32)
04:文永7(1270).08.  上洛(為在京)(33)
05:文永8(1271).07.27 蒙使宣旨(34)
06:文永9(1272).11.27 叙留(35)
07:建治3(1277).09.13 筑後守(40)
08:弘安7(1284).04.  出家(法名寂基)(47)
09:正安3(1301).11.11 没(64)
10:年月日未詳      六波羅引付頭人
 [典拠]
父:分脈
母:分脈。
01:没年齢より逆算。
02:関評・文永6年条
03:関評・文永6年条。
04:関評・文永7年条
05:開評・文永7年条。
06:開評・文永7年条。
07:関評・文永7年条。
08:分脈。『秀郷流系図』「後藤」(続類従・系図部)。関評・文永7年条、法名「舜基」とす。
09:関評・文永7年条。
10:分脈。

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

(関連記事)

kotobank.jp

 

 

基頼・基宗父子の烏帽子親

f:id:historyjapan_henki961:20190312001152p:plain

▲後藤氏略系図https://office-morioka.com/myoji/genealogy/chusei/goto.html より拝借)
 

後藤氏は、後藤実基の養子・基清西行こと佐藤義清の甥)以降、「(もと)」を通字とした家柄である。 

紺戸淳の論考*2に従って、上の表で示した生年から元服の年次を推定すると1247~1252年となるが、『吾妻鏡』では宝治2(1248)年正月3日条に「壱岐新左衛門尉」として初めて現れるのが確認できる*3ので、1247年には元服と左衛門尉任官を済ませていたのではないかと思われる。この当時の将軍は5代・九条(在職:1244~1252)、執権は5代・北条時(在職:1246-1256)であり、いずれかの偏諱である「」字の使用を許されていることが窺える。

 

historyofjapan-henki.hateblo.jp

基頼はのちに、宇都宮頼業(横田頼業)の娘との間に嫡男・(もとむね)をもうけているが、中川博夫の推定によれば、弘長2(1262)年~文永9(1272)年の生まれとされる*4元服当時の将軍は7代・源惟康(のちの惟康親王,在職:1266~1289)、執権は8代・北条時宗(在職:1268~1284)に間違いなく、「」字は、宗尊親王ではなく時からの偏諱と考えて問題ないと思われる。時宗が亡くなる弘安7(1284)年までには元服を済ませたのだろう。 

従って、「基―基」は、得宗「時―時」と烏帽子親子関係を結んだと考えるのが自然であろう*5。ちなみに次の系図で見ると分かる通り、基頼は佐藤公清から数えて10代目にあたり*6、時偏諱を受けたとされる尾藤(図では景*7と同じ代数である。実際に『吾妻鏡』では基頼と同時期に頼景と思しき「尾藤次郎兵衛尉」なる人物の活動が確認できる*8ので、これも1つ参考になると思われる。

f:id:historyjapan_henki961:20190312033931p:plain

ここで、細川氏の研究*9に従って、これまでの後藤氏の活動を振り返ってみよう。

始祖である後藤基清(もときよ)は、承久の乱で京(後鳥羽上皇)方に属して刑死。息子の基綱(もとつな)は幕府方に属して生き残り、初代評定衆の1人になる等しばらくは鎌倉政権の有力者、および4代将軍・九条頼経の側近としての地位を保ったが、寛元4(1246)年の宮騒動(名越光時の陰謀計画)に関与したため失脚した(のち1252年には引付衆として復帰、1256年に死去)

吾妻鏡』で見る限り、基綱の子・基政(もとまさ)も騒動後は活動を停止させられていたように見受けられるが、父に先立ち建長2(1250)年末からは再開している*10。前述の通り基頼の登場は1248年初頭であるから、騒動の翌年である1247年には基政も復帰を許されていたのではないかと思う。その際の条件として、執権・得宗の時頼が基政の嫡男の烏帽子親を務め、協調姿勢の確認を行ったのではないだろうか時頼は烏帽子親子関係を利用して後藤氏に対する統制を図ったのではないかと思われる。基政の代からは六波羅評定衆を務めるようになり、やがて活動の拠点が六波羅(京都)に移っていくことになるが、基頼の嫡子・基宗の元服に際しても、近い時期に「二月騒動*」が起きていることから、時宗が基宗の加冠を務めることで、得宗への協調姿勢の確認を行った可能性が考えられよう。 

*二月騒動…文永9(1272)年2月、六波羅探題南方であった庶兄の北条時輔に謀反の意志ありとして、執権・北条時宗が同探題北方・赤橋義宗に命じてこれを討たせた事件。この頃基頼が在京であったことは冒頭の表で示した通りで、時輔方につけば討伐の対象になり得ただろう。幸いそうはならなかったようだが、過去のこともあってか、後藤氏も得宗にとっては警戒すべき相手だったのかもしれない。基政・基頼などは引付衆を務めた後に上洛して六波羅評定衆となっているので、若年であった基頼の嫡子(基宗)も当初は鎌倉に居たと考えて良いだろう。

 

 

吾妻鏡』における基頼前半期の活動

冒頭の表に示した通り、引付衆に加えられて以降、北条時宗の死に伴い出家するまでの後半期の活動は『関東評定衆』によって知ることができる。本節では『吾妻鏡』に拠って、それ以前の活動についてまとめてみたいと思う。

月日 内容
宝治2(1248) 1.3 垸飯での供奉人六位に「壱岐新左衛門尉」。
建長3(1251) 10.2 5代将軍・九条頼嗣とその母(大宮殿)の執権・北条時頼邸宿泊に際し、頼嗣のお供をする。
建長4(1252) 4.14 新将軍(6代)・宗尊親王鶴岡八幡宮初参詣でのいわゆるSPの1人に「壱岐新左衛門尉基頼」(実名の初見)。
8.1 新将軍・宗尊の鶴岡八幡宮拝賀(中止)での供奉人のリスト中「直垂着」に「壱岐新左衛門尉」。
8.14 翌15日の鶴岡八幡宮放生会での供奉人。
建長6(1254) 1.22 将軍・宗尊の鶴岡八幡宮参詣に父・基政と同行。基頼は「御車」の左右につきSP役。
康元元(1256) 6.29 父と共に鶴岡八幡宮放生会での供奉人。
7.17 将軍・宗尊の山内最明寺参詣に同行、「御後供奉」(将軍の後ろでのお供)22人の一人。
8.15 鶴岡八幡宮放生会において「御車」の1人。
8.23 将軍・宗尊の、新陸奥守・北条政村の常葉邸出御に際し、供奉人の1人。
正嘉元(1257) 8.15 鶴岡八幡宮放生会において先陣の随兵の1人。
12.2 問見参結番(将軍への取次役)の五番の1人。
12.3 御格子上下結番の三番の1人。
正嘉2(1258) 1.1 垸飯での「西座」の1人に「後藤壱岐新左衛門尉」。
1.2 垸飯の後の将軍・宗尊の北条時頼(道崇)邸出御に際し、供奉人五位の1人に「後藤壱岐前司基政」、同六位の1人に「壱岐新左衛門尉基頼」。
1.1 将軍・宗尊の鶴岡八幡宮参詣において「御後」五位の1人に「後藤壱岐前司基政」、同六位の1人に「壱岐新左衛門尉基頼」。
6.4 勝長寿院改修後開眼供養において後藤次郎基広(基頼の弟:『尊卑分脈』より)と共に「御馬」の十番。
6.17 来たる鶴岡八幡宮放生会での供奉人のリスト中に「後藤壱岐前司 同新左衛門尉」。
8.15 鶴岡八幡宮放生会において御後六位の1人。
文応元(1260) 1.1 垸飯に父・基政と共に出仕。同日の将軍・宗尊出御において「御後」六位の1人。
1.11 将軍・宗尊の鶴岡八幡宮参詣において「御車」の左右につきSP役。
1.2 父・基政、叔父・基隆と共に「晝番」(昼間将軍に仕える当番)の六番。
2.2 御格子上下結番の二番の1人。
4.1 前月21日に近衛宰子と結婚したばかりの将軍・宗尊の陸奥入道北条重時邸に入御(3日に実施)の際の供奉人について、「御點」(チェックリスト)から漏れた中に「後藤壱岐新左衛門尉」。
11.3 将軍・宗尊の鶴岡八幡宮参詣に父・基政と同行。基頼は「御駕」(宗尊の乗る車)の左右につきSP役。 
弘長元(1261) 8.15 鶴岡八幡宮放生会において父と「布衣」の1人。
弘長3(1263) 1.1 垸飯での「中御所御方」。父も参加。
1.7 将軍・宗尊の鶴岡八幡宮参詣にて父と「布衣」。「後藤壱岐前司基政 同大郎左衛門尉基頼」とあるにより輩行名が「太郎」と分かる。
1.23 二所詣でのお供について支障があると申し出た中に「後藤壱岐左衛門尉」。

 

 

脚注 

*1:新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その№110-後藤基頼 | 日本中世史を楽しむ♪(細川重男のブログ)より。同氏の著書『鎌倉政権得宗専制論』(吉川弘文館、2000年)巻末P.77~78 同前No.110にも掲載あり。

*2:紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について鎌倉幕府御家人の場合―」(『中央史学』二、1979年)。数え10~15歳での元服の場合。

*3:御家人制研究会(代表:安田元久)編『吾妻鏡人名索引』(吉川弘文館、[第5刷]1992年)P.44「基頼 後藤」の項により、その後も「壱岐新左衛門尉基頼」「後藤壱岐新左衛門尉基頼」等と書かれる箇所が多数確認できる。

*4:中川博夫「後藤基綱・基政父子(一) -その家譜と略伝について-」(所収:『芸文研究』48号、慶應義塾大学藝文学会、1986年)P.38。

*5:注2前掲紺戸氏論文 P.15では、得宗からの一字付与の対象者として、千葉頼胤(1239年生)―宗胤父子や、1250年時頼邸にて元服した六角頼綱(『吾妻鏡』)などを挙げている。他に元服の年次が確認できるものとしては、1277年に鎌倉で時宗の加冠を受けた武田信宗(『系図綜覧』所収「甲斐信濃源氏綱要」)の例が確認できる。

*6:途中養子相続を挟むため、正確には公清―季清―康清―仲清―基清―基綱―基政―基頼と、公清から8代目にあたるが、能清の実弟・基清が実基の養子であったということは重要であって、養父よりは年少(或いは老いていてもほぼ同世代)であったと考えるのが自然と思われる。代数の少なさは親子の年齢幅の違いに起因するものであろう。

*7:注1前掲細川氏著書、P.214 注(24)。

*8:詳しくは 尾藤頼景 - Wikipedia を参照。

*9:注1前掲細川氏著書、P.57~58(第一部第二章第四節 後藤氏)。

*10:注3前掲『吾妻鏡人名索引』P.42「基政 後藤」の項。注4前掲中川氏論文 P.51。

京極高氏

佐々木 高氏(ささき たかうじ、1296年~1373年)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将、御家人守護大名

京極流佐々木宗氏の子。母は佐々木宗綱の娘(貞宗の姉)。

父・宗氏を介して母方の叔父・貞宗の京極流惣領の座を継ぎ、京極高氏(きょうごく ー)とも呼ばれる。

historyofjapan-henki.hateblo.jp

historyofjapan-henki.hateblo.jp

 

高氏」の実名は『尊卑分脈』などの系図類で見かけることがほとんどで、実際の他の史料では、佐々木佐渡判官入道(佐々木判官)佐々木道誉(どうよ)等の名で書かれるものが多く、今日では出家後の法名の方が知られている。尚、本人は「導誉佐々木導誉」で署名しており、本来はこちらが正しいのであろうが、他の史料では「道誉」「入道々誉(=入道道誉)」と書かれるものがほとんどである。 

 

『大日本史料』6-38 P.70~ には高氏死去に関する多数の史料が掲載されている。以下その一部をピックアップしてご紹介しよう。

『花営三代記』応安6(1373)年12月27日条:「山門神輿造替沙汰被執行之。惣奉行人高秀。親父道誉去八月廿五日他界之間。…(以下略)」*1

『常楽記』同年8月25日条:「佐々木佐渡大夫判官入道道帰寂於江州」*2

 

紺戸淳の論文*3でも紹介されているこの2点が正確な命日を伝えるものと考えて良いと思われる。

 

次に掲げるのは公家の日記を中心に、没年齢(享年)が記録されているものである。日にちにずれがあるが、単純に数日遅らせて書かれただけに過ぎないだろう。

 

『愚管記』応安6年8月27日条:「佐渡判官入道導誉他界すと云々、年七十八と云々、前代以来の大名なり」*4

『後愚昧記』応安6年8月27日条:「廿七日、…(略)……佐々木佐渡大夫判官入道々誉此両三日死去之由、……(略)……導誉生年七十八歳云々、…」 

 

これらの史料により逆算すると永仁4(1296)年生まれとなる。

尚、別説として、『諸家系図纂』「佐々木系図」には「…応安六八廿二卒六十八才…」と書かれている*5(→逆算すると徳治元(1306)年生まれ)が、上に示した通り複数の史料で享年を78歳と伝えることから、単純に「六」は「七」の誤記なのであろう。 

 

北条貞時の嫡男・成寿が元服して「高時」と名乗ったのは延慶2(1309)年1月21日であり*6、応長元(1311)年10月26日の貞時の死に伴って得宗家督の座を継いだ。1296年生まれ説を採用すると、この期間の氏は14~16歳と元服の適齢期である。新得宗・北条時の加冠により元服し、「」の偏諱を賜ったと考えて良いだろう(1306年生まれとしても、元服当時の得宗が高時であることは確実で、1316年以後であれば高時執権期間での元服となる)*7

高時には相伴衆として仕え、剃髪して導誉を名乗ったのも、正中3(1326=嘉暦元)年3月の高時の執権辞職および出家の時であった(『尊卑分脈*8

 

その他、活動経歴などについては次の各ページを参照のこと。

 佐々木道誉 - Wikipedia

 京極高氏(きょうごくたかうじ)とは - コトバンク

 佐渡大夫判官高氏(佐々木導誉): 佐々木哲学校(佐々木哲のブログ記事)

 

脚注

*1:『大日本史料』6-39 P.420

*2:帰寂とは僧侶が死ぬこと(→ 帰寂(キジャク)とは - コトバンク)、江州は近江国の別称である(→ 江州(ゴウシュウ)とは - コトバンク)。

*3:紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について―鎌倉幕府御家人の場合―」(所収:『中央史学』第2号、中央史学会、1979年)P.17。

*4: 南北朝列伝 ー さ2「佐々木道誉」の項 より。原文は 愚管記. 第16,17 - 国立国会図書館デジタルコレクション を参照のこと。

*5:諸家系図纂』より。

*6:新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その9-北条高時 | 日本中世史を楽しむ♪ より。

*7:注3紺戸氏論文 P.15系図・P.18。P.18では1306年生まれで10~15歳の元服とした場合、1315~1320年になると推定。

*8:新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集. 9 - 国立国会図書館デジタルコレクション 参照。

大仏高直

北条 高直(ほうじょう たかなお、1316年頃?~1334年)は、鎌倉時代末期の武将・御家人

大仏流北条維貞の子で、大仏 高直(おさらぎ ー)とも呼ばれる。 

 

 

元弘の変における高直

"陸奥右馬権助"高直

【表A】『太平記』巻6「関東大勢上洛事」*1における幕府軍の構成メンバー

<相摸入道(=得宗北条高時)一族>

阿曾弾正少弼名越遠江入道大仏前陸奥守貞直・同武蔵左近将監・伊具右近大夫将監・陸奥右馬助

<外様>

千葉大介・宇都宮三河三河権守貞宗?)小山判官・武田伊豆三郎(信武?)・小笠原彦五郎貞宗・土岐伯耆入道(頼貞)・葦名判官(盛貞)・三浦若狭五郎(時明?)・千田太郎(千葉胤貞)・城太宰大弐入道・佐々木隠岐前司・同備中守(大原時重?)・結城七郎左衛門尉(朝高)・小田常陸前司(時知?)長崎四郎左衛門尉・同九郎左衛門尉(師宗?)・長江弥六左衛門尉(政綱?)・長沼駿河駿河権守宗親?)・渋谷遠江遠江権守重光?)河越三河入道工藤次郎左衛門高景・狩野七郎左衛門尉・伊東常陸前司(祐光)・同大和入道(祐宗)安藤藤内左衛門尉宇佐美摂津前司二階堂出羽入道・同下野判官(二階堂高元)・同常陸(二階堂宗元?)・安保左衛門入道(道堪)・南部次郎・山城四郎左衛門尉、他132人

307,500余騎

--------------------------------

<その他>

河野九郎(通盛)ら四国勢:大船300余艘

厚東入道(武実)・大内介(重弘?)・安芸熊谷(直経?)ら周防・長門勢:兵船200余艘

甲斐・信濃源氏(武田・小笠原氏などか)7,000余騎

江馬越前守・淡河右京亮(時治か)ら率いる北陸道7箇国勢:30,000余騎

正慶元/元弘2(1332)年、護良親王楠木正成らの反幕府活動が畿内で活発化したとの報告を受けて、幕府側は大軍を畿内へと向かわせた(9月20日鎌倉発、10月8日先陣が京着)。上記【表A】はその軍勢の構成をまとめたものだが、やがて翌「元弘三年正月晦日、諸国の軍勢八十万騎を三手に分て、吉野・赤坂・金剛山、三の城へ」と向かわせた。

 

●【表B】『太平記』巻6「関東大勢上洛事」(後半部) *2に基づく幕府軍の構成表

吉野方面 大将軍 二階堂出羽入道道蘊
27,000余騎
赤坂方面 大将軍 阿曾弾正少弼
80,000余騎
金剛山方面 大将軍 陸奥右馬助(搦手大将)
侍大将 長崎悪四郎左衛門尉
200,000騎


この【表B】を見ると、「諸国の軍勢八十万騎を三手に分」けたはずが、合計30万余騎にしか満たず矛盾を生じているが、堀内和明は「複数の作者による認識の相違や伝聞、補筆・改訂等による混乱」があったためか、結果的に「寄せ手軍勢の数値そのものの誇張」となってしまい、「軍勢や日付に関する『太平記』の記事に信用はおけない」とする*3

 

但し堀内氏は、内容の全てを否定してはおらず、上赤坂(城主:平野将監入道)攻めを河内からの大手、金剛山千早城城主=楠木正成攻めを大和からの搦め手とし、各々の大将に阿曽弾正少弼陸奥右馬助を配置する点では次の史料に合致するとしている*4

 

●【表C】『楠木合戦注文』に基づく幕府軍の構成メンバー表

河内道

(大手)

大将軍 遠江弾正少弼治時
軍奉行 長崎四郎左衛門尉高貞

大和路

(搦手)

大将軍 陸奥右馬助
軍奉行 工藤次郎右衛門尉高景
大番衆 新田一族 里見一族 豊島一族 平賀武蔵二郎跡
飽間一族 園田淡入道跡 綿貫三郎入道跡
沼田新別当跡 伴田左衛門入道跡 白井太郎
神澤一族 綿貫二郎左衛門入道跡 藤田一族
武二郎太郎跡
紀伊 大将軍 名越遠江入道
軍奉行 安東藤内左衛門入道円光
大番衆 佐貫一族 江戸一族 大胡一族 高山一族
足利蔵人二郎跡 山名伊豆入道跡 寺尾入道跡
和田五郎跡 山上太郎跡 一宮検校跡
嘉賀二郎太郎跡 伊野一族 岡本介跡 重原一族
小串入道跡 連一族 小野里兵衛尉跡 多桐宗次跡
瀬下太郎跡 高田庄司跡 伊南一族 荒巻二郎跡

(表は http://chibasi.net/soryo14.htm より拝借) 

 

【表C】に出てくるメンバーは【表A】・【表B】とも少なからず一致しており、『太平記』が元々軍記物語であることも考えると、以上3つは『楠木合戦注文』に基づいた史実を伝えるものとみなして問題ないだろう。

 

尚、【表C】での各軍勢の大将軍は次の史料によって人物の比定が可能である。

【史料D】『保暦間記』より

……同(元弘)三年葵酉春、此事ヲ聞テ、関東ヨリ、弾正少弼治時 時頼遠江守随時カ子也 高時為子陸奥守右馬権助高直 維貞遠江入道宗教法師 朝時孫 教時子、彼等其外一族大将軍トシテ、関東ニサルヘキ侍多分差上ス。其勢五万騎上洛シテ、彼城ヲ責サス。……

河内道の軍勢を率いる大手の大将は、北条高時の猶子でもあった阿曽治時。【表C】での通称は、父・随時が遠江守で「弾正少弼」となっていたことを表すもので問題ない。

紀伊方面への軍勢を率いたのは名越宗教。文永9(1272)年の二月騒動での死亡説も伝わるが、【史料D】の通り生き永らえた宗教である可能性が高いことは次の記事をご参照いただきたい。

historyofjapan-henki.hateblo.jp

 

そして、もう1人の大将軍として高直の掲載がある。「維貞子」「陸奥守右馬権助」と記す通り、通称名は父・維貞陸奥守で「右馬権助」となっていたことを表すものである。A~Cの表とは異なり権官で表記されているが、次兄の大仏家時が「陸奥右馬助」と呼ばれていた可能性が高く*5、【史料D】の通り「(陸奥)右馬権助」が高直の正確な官職であったと推測される。

一方、A~Cにおける「陸奥右馬助」が、家時であった可能性も否定はできないが、わざわざ実名を記す【史料D】が誤っているとも考え難く、A・Bが『太平記』であることも考えると、右馬権助高直の誤記とみなして良いと思う。

 

生年と烏帽子親の推定

よって【史料D】当時、高直右馬権助正六位下相当・権官であったことになり、叙爵の年齢を迎えていなかったと考えられるから、10代の青年であったと思われる。元徳元(1329)年に評定衆となった次兄・家時が18歳であったというから、当時の高直はこれより年少となる。

それを踏まえて「直」の名に着目すると、「直」が祖先・朝直に由来するものとみられるので、一方の「」が当時の得宗であった北条時から偏諱を賜ったものと推測される。恐らく高時が執権辞職・出家した正中3(1326=嘉暦元)年頃に元服を遂げたのではないか。1316年頃の生まれと推定する。

 

高直の刑死

河内・金剛山を攻撃していた治時高直長崎高貞らだったが、やがて足利高氏(のちの尊氏)らの裏切りもあって六波羅探題が滅亡したとの知らせを受け、城を落とせぬまま奈良へと撤退。興福寺に立て籠もってしばらく抵抗の姿勢を見せるも、鎌倉までもが攻め落とされたことを知った6月初旬に出家して降伏した。

その後は助命嘆願が受け入れられたのか、幽閉されるだけの寛大な処置が採られたが、翌建武元(1334)年3月9日、北条氏得宗被官)の残党である本間氏・渋谷氏などが鎌倉奪回を狙って失敗するという事件が起きた(『鎌倉大日記』・『梅松論』*6ことを受け、高直らは京都東山の阿弥陀ヶ峰にて処刑された。このことを伝える史料は複数残っており*7、次の史料はその一つである。

【史料E】『保暦間記』より*8

……大将軍治時高直長崎四郎左衛門尉 円喜子高資弟 等、南都ニシテ出家ス。……(中略)……建武元年四月、故高時入道ノ始末ヲヤ思ケン、高時ノ一族少々、並ニ本国ノ者共、其外同意ノ族有テ、鎌倉ヘ打寄、左馬頭直義ニ対テ合戦ヲ致。直義防戦テ、無程追散畢。此事京都ヘ聞ヘテ、カクノ者モアラハ、不思議ノ事モ有ナントテ、治時高直長崎四郎左衛門、去年出家シテ大衣著〔着カ〕タリシヲ召出シテ、東山阿弥陀カ峯ニシテ被誅畢。此外、高時一族、或ハ降参、或ハ所々ニ隠居シタリケルヲ、皆取出テ、同日首ヲ被刎ケリ、……

同内容を描く『太平記』巻11「金剛山寄手等被誅事付佐介貞俊事」*9では「大仏右馬助直」とするが、巻10「大仏貞直並金沢貞将討死事」で「大仏陸奥守貞直」が戦死したことが描かれており*10、更に巻6で貞直と「陸奥右馬助」は別人とされていることは【表A】に示した通りであるから、【史料E】と照らし合わせも、単に直とすべきところの誤記と判断される*11

 

ところで、『正宗寺本 北条系図』には高直の掲載はないが、同じく維貞の子の大仏貞宗に「右馬介〔ママ〕入道」・「向金剛山建武元誅金剛山に向かい建武元年に誅された)」 の注記が見られるが、高直の三兄高宣家時の弟)とされ、同じく阿弥陀ヶ峰で刑死したと考えられている*12。また、『蓮華寺過去帳』の「建武元年三月二十一日夜半、阿弥陀峯被誅人々」に含まれる「佐助〔佐介カ〕式部大夫 同右馬助*13を各々高直貞宗に比定する説もある*14

 

参考ページ

 北条高直 - Wikipedia

 大仏高直(おさらぎ たかなお)とは - コトバンク

大仏流朝直系宣時派北条氏 ー 北条高直

 南北朝列伝 ― 大仏高直 

 金剛山を攻めた鎌倉勢はどうした 

 

脚注

大仏貞直

北条 貞直(ほうじょう さだなお、1290年頃? ~ 1333年)は、鎌倉時代末期の武将・御家人

大仏流北条宗泰の子で、大仏 貞直(おさらぎ さだなお)とも呼ばれる。

 

 

はじめに

新訂増補「鎌倉政権上級職員表」 その76-大仏貞直 | 日本中世史を楽しむ♪(細川重男のブログ記事)*1によって主な活動経歴を示すと次の通りである。

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

№76 大仏貞直(父:大仏宗泰、母:未詳)
  生年未詳
  従五位下(『佐野本北条系図』)
  右馬助(『佐野本北条系図』)
  式部大夫(『前田本平氏系図』)
  陸奥守(『前田本平氏系図』。『正宗寺本北条系図』。『佐野本北条系図』)
01:元亨2(1322).07.12 四番引付頭人
02:嘉暦2(1327).04.17 三番引付頭人
03:元徳2(1330).12.02 二番引付頭人
04:元弘3(1333).05.22 没
 [典拠]
父:『前田本平氏系図』。『正宗寺本北条系図』。『佐野本北条系図』。
01:鎌記・元亨2年条。
02:鎌記・嘉暦2年条。
03:鎌記・元徳2年条。
04:太平記・巻10「大仏貞直并金沢貞将討死事」。『正宗寺本北条系図』。『佐野本北条系図』。

 

>>>>>>>>>>>>>>>

 

細川氏が述べられるように、得宗北条偏諱を受けていることが窺える。以下本項ではこれについての裏付けを行いながら、生年の推定を試みたいと思う。

 

大仏宗泰の子

historyofjapan-henki.hateblo.jp

こちら▲の記事で、父・宗泰の生年を1260年代後半と推定した。よって現実的な親子の年齢差を考えれば、貞直の生年は早くとも1280年代後半とすべきである。

 

陸奥守任官と生年の推定

冒頭の職員表で、細川氏が紹介された3つの系図の全てで「陸奥」になったことが注記されるが、以下に紹介する複数の史料によって裏付けが可能である。

 

【史料A】「関東軍勢交名」(『伊勢光明寺文書残篇』)*2

楠木城
一手東 自宇治至于大和道
 陸奥大仏貞直       河越参河入道貞重
 小山判官高朝       佐々木近江入道(貞氏)
 佐々木備中前司(大原時重)   千葉太郎(胤貞)
 武田三郎(政義)       小笠原彦五郎貞宗
 諏訪祝(時継?)         高坂出羽権守(信重)
 島津上総入道(貞久)     長崎四郎左衛門尉(高貞)
 大和弥六左衛門尉(宇都宮高房)  安保左衛門入道(道堪)
 加地左衛門入道(家貞)     吉野執行

一手北 自八幡于佐良□路
 武蔵右馬助(金沢貞冬)      駿河八郎
 千葉介貞胤          長沼駿河権守(宗親)
 小田人々(高知?)          佐々木源太左衛門尉(加地時秀)
 伊東大和入道(祐宗)       宇佐美摂津前司貞祐
 薩摩常陸前司(伊東祐光?)     □野二郎左衛門尉
 湯浅人々           和泉国軍勢

一手南西 自山崎至天王寺大
 江馬越前入道(時見?)       遠江前司
 武田伊豆守(信宗?)       三浦若狭判官(時明)
 渋谷遠江権守(重光?)       狩野彦七左衛門尉
 狩野介入道(貞親)        信濃国軍勢

一手 伊賀路
 足利治部大夫高氏      結城七郎左衛門尉(朝高)
 加藤丹後入道        加藤左衛門尉
 勝間田彦太郎入道      美濃軍勢
 尾張軍勢

 同十五日  佐藤宮内左衛門尉 自関東帰参
 同十六日
 中村弥二郎 自関東帰参
 
【史料B】「関東軍勢交名」(『伊勢光明寺文書残篇』)*3
大将軍
 陸奥大仏貞直遠江国       武蔵右馬助(金沢貞冬)伊勢国
 遠江尾張国            武蔵左近大夫将監(北条時名)美濃国
 駿河左近大夫将監(甘縄時顕)讃岐国  足利宮内大輔(吉良貞家)三河国
 足利上総三郎吉良貞義        千葉介貞胤一族并伊賀国
 長沼越前権守(秀行)淡路国         宇都宮三河権守貞宗伊予国
 佐々木源太左衛門尉(加地時秀)備前国 小笠原五郎(頼久)阿波国
 越衆御手信濃国            小山大夫判官高朝一族
 小田尾張権守(高知)一族         結城七郎左衛門尉(朝高)一族
 武田三郎(政義)一族并甲斐国       小笠原信濃入道(宗長)一族
 伊東大和入道(祐宗)一族         宇佐美摂津前司貞祐一族
 薩摩常陸前司(伊東祐光?)一族     安保左衛門入道(道堪)一族
 渋谷遠江権守(重光?)一族      河越参河入道貞重一族
 三浦若狭判官(時明)         高坂出羽権守(信重)
 佐々木隠岐前司清高一族      同備中前司(大原時重)
 千葉太郎(胤貞)

勢多橋警護
 佐々木近江前司(六角時信)       同佐渡大夫判官入道(京極導誉)

(*上記史料A・Bともに http://chibasi.net/kyushu11.htm より引用。( )は人物比定。)

 

元弘元(1331)年、後醍醐天皇笠置山、その皇子・護良親王が吉野、楠木正成が下赤坂城にてそれぞれ倒幕の兵を挙げると、9月初頭、幕府側は討伐軍を差し向けることを決定(元弘の変)。上の史料A・Bはその幕府軍の名簿であり、4つの軍勢に分割・編成されたことが分かるが、青字で示した4人の大将軍のうち、「陸奥」については次の史料3点により貞直に比定される。

〔史料C〕『鎌倉年代記』裏書(『増補 続史料大成 第51巻』より)

今年元徳、…(中略)…八月…(略)…廿四日、主上(=後醍醐天皇竊出鳳闕、令寵笠置城給、仍九月二日、任承久例、可上洛之由被仰渡出、同五六七日、面々進発、大将軍、陸奥守貞直右馬助貞冬江馬越前入道足利治部大輔高氏、御内御使長崎四郎左衛門尉高貞、開東両使秋田城介高景出羽入道道蘊、此両使者践祚立坊事云々、此外諸國御家人上洛、圖合廿万八千騎、九月廿日、東宮受禅、同廿八日、笠置城破訖、先帝歩儀令出城給、於路次奉迎、十月三日遷幸六波羅南方、同日、於楠木城第一宮尊良親王奉虜、同廿一日、楠木落城訖、但楠木兵衛尉落行云々、十一月、討手人々幷両使下著、同月、長井右馬助高冬信濃入道々大、為使節上洛、為京方輩事沙汰也、同八日、以前坊邦良、第一宮康仁親王東宮、…(以下略)

 

〔史料D〕『武家年代記』裏書(『増補 続史料大成 第51巻』より)

元徳三年元弘元年

九月上旬、為対治山徒等、被差上陸奥守貞直足利治部大輔高氏以下之軍勢、其後先帝御座于笠置城云々、

 

〔史料E〕『保暦間記』より

……元弘元年九月、加様ノ不思議ナル折ヲ得テ、又勧申族有ケルニヤ、主上(=同上)俄ニ都ヲ出サセ玉ヒテ、笠置ト云山寺ニ籠ラセ玉ヒテ、武家ヲ亡サント御企アリ。此事関東ニ聞テ、陸奥守貞直 時房五代孫 宗泰、並、右馬助貞将〔ママ〕貞顕子、彼等ヲ大将トシテ、数万騎ノ軍勢ヲ差上。……

 

よって、元徳3/元弘元(1331)年の段階で、貞直は陸奥に昇っていたことになる。

wallerstein.hatenadiary.org

ここで確認したいのが、大仏流北条氏における国守任官の年齢である。

細川氏のまとめによると、大仏流嫡流では宣時が30歳の叙爵と同時に武蔵守、宗宣が43歳で陸奥守と一旦は高年齢化するが、維貞が30歳で陸奥守となって低年齢化している*4。宗宣の弟・貞房は35歳で越前守任官を果たしており、大仏流の国守任官年齢は30代であったと考えて良いだろう*5。従って、上記史料A~E当時の貞直30代には達していたと推測される

 

貞直陸奥守になり得るのは、嘉暦元(1326)年10月10日に従兄である維貞が陸奥守から修理大夫へ転任(その後、翌2(1327)年9月7日に病死)した後である。

ここであわせて次の史料を確認しておきたい。

【史料F】某年12月22日付「崇顕金沢貞顕書状」(『金沢文庫文書』)*6

最中之由承候了、欠所無子細候歟、御在洛之間ニ、欠所注文ニ天て、相構々々可有御注進候、

一高倉入道返状文箱一合、慥給候了

一太守禅閤今度御出生若御前、去十二日佐々目へ已入御候了、有助僧正すちむかへニ、門弟坊ニをきまいらせ候て、女房達祇候之由承候、早速入御、不可然覚候、

奥州拝任以下聞書等給候了、奥州昨日持来候、道蘊子孫昇進、言語道断事候歟、あなかしく

 

 十二月廿二日 (切封墨引)元徳二正二、雑色帰洛便到、」

「 」内の記載から、この史料は前年=元徳元(1329)年のものと推定される。「奥州」とは陸奥のことである。出家後の得宗の呼称である「太守禅閤」は北条高時法名:崇鑑)に比定され、高時が出家した正中3(1326=嘉暦元)年の10月まで維貞が陸奥であったから、陸奥が大仏流の世襲となりつつあった中で、それより後に陸奥を「拝任*7」し得るのは、貞直と考えるほかないと思う。

wallerstein.hatenadiary.org

従って、1329年に30歳(数え年)での任官とした場合1300年生まれとなり、これより極端に後になることは考えにくい。しかも宗泰が嘉元3(1305)年に亡くなるまでには生まれているはずである。

 

但し、大仏流庶子にして越前守任官を果たした叔父・貞房の年齢が35歳であったことを参考にすれば、1290年頃とするのがより良いのではないか。北条時が執権辞職・出家した正安3(1301)年にはちょうど元服の適齢を迎え、その頃に偏諱を賜ったと判断される。「直」は祖先・朝直に由来するものであろう。

wallerstein.hatenadiary.org

 

 

参考ページ

 北条貞直 - Wikipedia

 大仏貞直(おさらぎさだなお)とは - コトバンク

 南北朝列伝 ― 大仏貞直 

 

脚注

*1:細川重男『鎌倉政権得宗専制論』(吉川弘文館、2000年)巻末「鎌倉政権上級職員表(基礎表)」No.76「大仏貞直」の項と同内容。

*2:『鎌倉遺文』第41巻32135号。

*3:『鎌倉遺文』第41巻32136号。

*4:注1前掲細川氏著書 P.36。

*5:宗宣の場合は、武蔵守より転任した父・宣時が得宗北条貞時に追随して出家したのを受けての陸奥守任官であったためタイミングが遅れただけであり、細川氏が「当時の鎌倉政権の家格尊重主義を示す事例」(前注同箇所)とされるように、むしろ宣時―宗宣―維貞3代に亘って同じ国守任官を認められたことこそ評価すべきであろう。従って宗宣は大仏流の国守任官年齢を考える上で例外とみなして良いと思う。

*6:『鎌倉遺文』第39巻30831号。

*7:拝任(ハイニン)とは - コトバンク 参照。