Henkipedia

アンサイクロペディア、エンサイクロペディア等に並ぶことを目指す、Wikipediaの歴史系パロディサイト。扱うのは主に鎌倉時代、たまに室町~江戸時代も。主に"偏諱(へんき)"に着目して、鎌倉幕府御家人の世代や烏帽子親(名前の1字を与えた人物)の推定を行い論ずる。あくまで素人の意見であるから、参考程度に見ていただければと思う。

河越宗重

河越 宗重(かわごえ むねしげ、1271年~1323年)は、 鎌倉時代後期の武将。鎌倉幕府御家人

 

紺戸淳の論文*1によると、『続群書類従』所収「千葉上総系図*2の宗重の注記に「出羽守」と書かれており、『常楽記』元亨3(1323)年6月13日条に「河越出羽入道他界五十三」とあることから、この "河越出羽入道" を宗重に比定されている。逆算すると文永8(1271)年生まれとなる。

宗重」の名は、「重」が河越氏代々の通字であるから、一方の「」が烏帽子親からの偏諱と考えられるが、同3(1266)年に解職・京へ送還された6代将軍・親王*3から賜ったものでなく、弘安7(1284)年4月まで執権の座にあった北条時から1字を許されたこと確実である。 前述の生年に基づくと弘安7年の段階では14歳(数え年)元服の適齢期であり、宗重=出羽入道とする根拠の1つになり得る。

 

次の記事で紹介している、中山信名撰『平氏江戸譜』(静嘉堂文庫蔵)所収の河越氏系図でも、宗重の注記を見ると、「元三年」を「元三年」と誤記してはいるものの、上記に同じく『常楽記』に基づいて「河越出羽入道」に同定しており、名前についても「時宗ノ一字」と書かれている。

historyofjapan-henki.hateblo.jp

 

 

その他詳しい生涯・経歴については

河越宗重 - Wikipedia

を参照のこと。

 

脚注

*1:紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について鎌倉幕府御家人の場合―」(『中央史学』二、1979年)P.18~19。

*2:続群書類従』第六輯下所収。

*3:宗尊親王(むねたかしんのう)とは - コトバンク より。